ムンデシン®の臨床成績

国内第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験(FDS-J02試験)

[国内第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験(FDS-J02試験)]

試験デザイン

多施設共同、非盲検、単群、非無作為化試験

目的

[第Ⅰ相]
ムンデシン®300mgを1日2回(600mg/日)28日間連日経口投与した際の再発・難治性PTCL患者における安全性及び忍容性を確認し、推奨用法・用量を決定する。

[第Ⅱ相]
第Ⅰ相部分で決定された推奨用法・用量における有効性、安全性、及び薬物動態を評価する。

対象

再発・難治性PTCL患者48例(安全性解析対象例数:第Ⅰ相4例+第Ⅱ相44例、有効性解析対象例数:第Ⅱ相41例)

[主な組み入れ基準]
  • 生検病理診断にて組織学的に診断された末梢性T細胞リンパ腫
    • - ENKTL、EATL、HSTL、SPTCL、PTCL-NOS、AITL、ALCL, ALK+、ALCL, ALK-、形質転換MF
      *病理学的に細胞が大型化し,腫瘤を形成しているMFと定義
  • 1レジメン以上の抗悪性腫瘍剤(全身性副腎皮質ステロイド剤はレジメン数に含めない)による治療歴を有し、直近の抗悪性腫瘍剤による治療でPR 以上の効果が得られた、再発・難治性PTCL
  • 腫大リンパ節または節外性腫瘤病変>1.5cm(CT 計測)
  • ECOG PS 0-1
  • 十分な造血能/肝機能/腎機能を有する患者
用法・用量

ムンデシン®300mg(フォロデシン100mg含有カプセル×3カプセル)を1日2回、食後に経口投与した。

投与期間・
投与方法

ムンデシン®投与開始からムンデシン®投与中止基準※1に該当するまで[第Ⅰ相:29日間、第Ⅱ相:24週間(データカットオフ 2015年8月3日)]。

第Ⅰ相、第Ⅱ相のいずれもスクリーニング期間(最大14日間)、投与期間、安全性フォローアップ期間(ムンデシン®の最終投与日から30日間)を設け実施した。

評価項目

[主要評価項目]
第Ⅱ相部分における画像評価委員会の評価に基づくORR

[副次評価項目]
治験責任/分担医師の評価に基づく最良総合効果、OS、PFS、投与持続期間(TTF)、奏効到達時間、奏効期間(DoR)、標的病変の最大縮小率、標的病変の縮小率、背景因子によるORRの層別解析

[その他の評価項目]
安全性;副作用、臨床検査(血液学的検査、生化学検査及び尿検査)、薬物動態、薬力学など

解析計画

ORRは、有効性解析対象全例のうち最良総合効果がCR又はPRと評価された患者の割合とした。最良総合効果は画像評価委員会による評価結果を用い、規定の効果判定基準※2を用いて調査期間中に記録された最良の効果とした。OS、PFS、DoRについては、Kaplan-Meier法によりTime-to-event解析を行った。主要、副次評価項目は共にORRが閾値奏効割合(10%)以下であるか否かを有意水準(片側)5%にて検定した。

  • ※1 投与中止基準:次の項目に該当した場合、ムンデシン®投与を中止し、安全性フォローアップ期間へと移行。
    • 次治療を必要とする増悪が認められた場合
    • T細胞リンパ腫に対する新たな治療を開始する場合
    • 用量制限毒性が発現した場合
    • ムンデシン®の休薬に該当する有害事象によりムンデシン®の投与を再開できない場合
    • 忍容不能な有害事象が発現した場合
    • 投与期間中に併用禁止の薬剤を使用又は非薬物療法を実施した場合
    • 患者が妊娠した場合
    • 患者が同意を撤回した場合
    • 治験責任/分担医師が患者の治験継続が不適切と判断した場合。
  • ※2 最良総合効果は、規定のリンパ腫の効果判定基準に画像による肝腫大、脾腫、腎腫大の評価を追加した判定基準を用いて調査期間中に記録された最良の効果とした。

ENKTL:節外性NK/T細胞リンパ腫、 EATL:腸管症関連T細胞リンパ腫、 HSTL:肝脾T細胞リンパ腫、 SPTCL:皮下脂肪組織炎様T細胞リンパ腫、 AITL:血管免疫芽球性T細胞リンパ腫、 ALCL,ALK+:未分化大細胞型リンパ腫, ALK陽性、 ALCL,ALK-:未分化大細胞型リンパ腫, ALK陰性、 MF:菌状息肉症、 ECOG
PS:米国東海岸癌臨床試験グループの全身状態、 SPD:二方向積和

【用法・用量】通常、成人にはフォロデシンとして1回300mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

®:ムンデシンおよびmundesineはムンディファーマの登録商標です。